パート1も書いたので見てみてくださいね。

_SS500_
「向日葵の咲かない夏」/道尾秀介

タイトルとウラハラにこのさわやかな表紙に惹かれて読んだ作品。
「このミステリーがすごい〜なんちゃら」大賞で1位だったらしいです。
感想は・・・、なかなか意外な展開でいいんじゃないでしょうか。
まさかそうは思わなかったってところもあり、あ、こういう話もありなのねと思いました。
読み終えた爽快感っていうよりもちょっと気持ち悪いですが。。。



02381153
「水の中のふたつの月」/乃南 アサ

乃南さんの作品は初めて読みました。
すごく読みやすい展開でぐんぐん進むんですが、、う、うぬぬぬぬ。の展開。
ちょっとこの3人の女性たち、イタい感じです。
そして恐ろしい絆で繋がってたりして。。
自分もこういう職業なので、ミュージシャンが軽くみられているのが若干残念でした。笑



_SL500_AA240_
「ブルータスの心臓」/東野圭吾

文句無しにめちゃめちゃ面白かった。
お馴染み推理ものなのですが、この話はなんと死体リレー。
この謎解きがたまらないですね。功名に組み立ててあるんだなぁ。
現実的に考えたらこんなに上手くいくのかと思ってしまうのですがやってみたことないし、
やる気もないから一生わからないでしょうね。笑



_SL500_AA240_
「夜のピクニック」/恩田陸

実は最近読んだ中で一番のヒットがこれでした。
恩田作品は「ユージニア」が初めてでしたが、これもすごくいい。
推理ものや人間の深層心理的なお話ばかり読んでいたからこれを読んですごく前向きになれました。
自分も進んでいるような錯覚になって、まさに夜のピクニックの行事を体験したような感じ。
なるべく若い世代が共感するのではないかと思います!おすすめ!



_SS500_
「この胸いっぱいの愛を」/梶尾 真治

この作者の作品は初めて読みました。
映画が先なのかな?同時に出版されたらしいですが本の評価がすごく高いみたいです。
全然関係のない他人同士が同じ年にタイムスリップしてしまってそれぞれのやり残した目的を果たすお話なんです。
なんども泣ける場面があります。
やはり人は誰でもあのときに戻れたら、という過去があると思うのです。
そんなつっかえを持ったままどこかでそれを忘れようと生きている。
過去の過ちを償えたとき、、、それはこの小説の中に答えが書いてあります。



_SL500_AA240_
「噂」/荻原 浩

この作者の「僕たちの戦争」という作品が好きでこれも読んでみることに。
で、読んでビックリ!全然タイプが違う書き方だったから。
そしてこの作品の一番の見所は小暮刑事と名島警部補のやり取り。
同じ境遇ですごく励まし合ってて、いいっす!!
でも、あっさり犯人が出て来たあたりからラストまでがちょっと駆け足で、えええ?って感じでした。
タイトルの「噂」からは想像もつかない展開になってて面白いです!