きしさやかの〜鍵盤道〜

一語一音 , All around things, words, MUSIC !!

カテゴリ: よもやまばなし

080712


誕生日プレゼント、
頂いてしまいました


『AB型 自分の説明書』



本屋でその存在は知っていたものの。。。
まさか自分では買わないだろうと思っていたのです。

ところがどっこい節。

読んでみると。。


凹む、凹む、凹む・・・へk・・



髪を切った女の子に一言。

私:『あれ?髪切った?いいじゃん〜!パリコレみたい〜!!』


【自動的にお世辞が出る。】(AB型説明書 p.13より)



自分が以前に書いた日記の中で、

「いや、ただ、ひたすら叫びたい。
そんなときだってあるじゃない。
風船を何個も何個も割りたいときだってあるじゃない。
自動改札でひっかかっても突破しちゃいたいじゃない。
左折出来ないところでも左折してみたら、民家もお店もぶち壊して左折出来るかもしれないじゃない。」


【まっすぐ延びた道を歩いていると猛烈に曲がりたくなる。】(AB型説明書 p.35より)



先月、数回言ってたコトバ。

「いやー、でもさ、親しき仲にも礼儀ありなんだよね」


【ことあるごとに言う、好きな言葉は「親しき仲にも礼儀あり」。】(AB型説明書 p.40より)




修学旅行で寝ている友人の鼻のところに正露丸を持っていって「フガッ!!!」と言わせたり、まぶたにキャンディキャンディばりの目を書いた。


【寝ている友達のまぶたに目を描くのは序の口。】(AB型説明書 p.64より)



【実はモノマネが得意。】(AB型説明書 p.69より)


【カレーがスキ。】(AB型説明書 p.83より)
週一回必ず食べてる。


【そうじのオバちゃんと世間話する。した。】(AB型説明書 p.105より)
つい先日、した。。




こんな人間でいいのだろうかと思わせてくれる本に久々に出会いました。

全国のAB型の皆様、がんばろうおー!


一睡も出来なかった・・・

たまにあるんですよね、寝れない日。

でも、いい天気。いい朝だー。


そうだ、この前、sayakettsのドラム尾川さんを車で送ってったとき。

"なんか飲み物いる?"と言われたので

『豆乳!』と言うと


コレが。



080710


そーそーそー!コレコレ!!








って





上州やん

ちょっとしたアレで病院に行ったんです。
割と大きないわゆるマンモス病院というやつで、
患者さんもたくさん。

久々にこういうところに来るとなんだか病気の底知れなさを思い知ります。


診察が終わってお会計をしに行こうとしたら、
公衆電話のところにおばぁさんが一人。


よく見るとぶつくさ独り言を言ってます。


興味ありげに見ていると
何やらおばぁさんは、紙に書かれた番号を見て困っている様子。


『どうしたんですか?』と、私。


「いやぁ、タクシーを呼びたいんだけども・・・」


どうやら公衆電話からタクシーを呼ぶのに電話をかけたいようだ。

が、事がスムーズに運ばなそうだったので、電話をかけてあげることにした。


『あぁ、これだったら市外局番からかけないとつながりませんよ』

「あら、ありがとう」


おばぁさんに10円玉をもらって受話器を握る。


プルルル・・・

つながった。


つながったので、おばぁさんにバトンタッチ。
私が話しても良かったんだけど。


「あ、あの、高島!」



・・・・・え??

おばぁさん、開口一番に苗字。

どんだけ!


「高島だよ、10年前から乗ってる!・・あら?!なんだべ・・」

『どうしたんですか?』


「なんか、音楽がかかっちまったぁよ〜・・なんだべか?これは」


うむ〜・・・

保留、押されちゃったんですね。


『今、お昼時だからタクシー会社も忙しいのかもしれないですね。
ちょっと待ってみましょうよ』


と告げて、おばぁさんと一緒に待つこと

2分・・・

3分・・・


ガチャン!!


10円玉が切れちゃった。


「なんだべ?!どうなってるんだかねぇ・・」

『うーん、しょうがないですねぇ、もう一回かけましょう』



テイク2。

今度は私が電話をかけて、相手口のタクシー運転手と話をするところまで担当した。

『えぇ、はいはい、高島さんという方で、
もうお名前を言えばわかるとおっしゃっていますけれど、あ、はい、代わりますね』


受話器をおばぁさんに渡す。


「あのさ、高島!」



えぇ!またかいっ。


「ちょっとさぁ、高島だけども、すぐ来て欲しいんだよぉ、
もうあたしは10年前からおたくを使っていて・・・あ!?!あれ?」


『切れちゃいましたか?』


「切れちゃった・・なんだべかなぁ」


『うーん、困りましたねぇ』


拉致が明かないながらも、
タクシーに乗せるところまで連れて行ってあげた方がいいのかなぁ。と考える。


まぁ、今日は時間があるしそれでもいっか。


『おばぁさん、もう一度かけましょう』


っと。
そのとき。




【おばぁちゃん!もう、勝手に歩いて行っちゃダメでしょう】


ひとりの女性がこちらに歩いてくる。


・・・。


ま。さ。か。


【すみませんねぇ、おばぁちゃん、すぐ病室抜け出してどこか行っちゃうの】


おばぁさんの身内らしき女性が話す。


【ほら、おばぁちゃん、戻りましょ】


・・・。


「ご親切に、ありがとうねぇぇ」










入院してたんかいっ!!!!!!!!!!!!!



志村けんで見ていたコントのようなことが本当に、現実に起こった。


おしまい






"エリザベス・ゴールデン・エイジ"

という映画を観て来ました



いやぁ。
おもしろかった。


ケイト・ブランシェット。いいです。


そしてアノ時代の文句なしのファッションの美しさ。
画になるなぁ。


実話ものがダイスキなので、
これは是非ともおすすめします

ce6ff840.jpg










最近読んだ本でまずヒット。

大好きな著者・宮部みゆきさんのコレ。

この人の語り口はやっぱりすごいね。

巧妙な中にも心理をつく描写、
必ず幸せとは言えない家族の、でもほっとさせるひとコマ。

終わってみると、あっ、これ推理小説だったんだ。

そんな感覚に陥るような自然な流れ。


うーん、たくみだ


で、この話にあった「もし五億円があったら」。


まずは。。。


やっぱり。。。。


スタジオを作りたい・・・


あ、言ったところで叶わないのがハッキリわかってしまって切ない。やるせない。


まぁ、いつかの夢ってなことで。



先日はうちの父上の誕生日。

いくつになったんでしょうか?

なんだかよい人とめぐり逢えたみたいで。

何年かぶりに贈り物をしてみました


080110

165305bc.jpg









また行っちゃいました

自然食のブッフェ。

がっつり食べて来ましたが来週も行く予定。


銀座SONYのビルでコレが上映されておりました。

フィレンツェ行ってみたいなぁ。。
歩いてるだけで楽しいんだろうなぁ。


ミケランジェロのたくましい人物描写が大好きです。


触発されたかな。

今日は2曲書けた。

0890e573.jpg


栗の味のとってもニクイ奴・・・



そんなあなたが大好きです。

5f275c50.jpg


蝶々も止まっちゃうのね・・・


本名でもやってみました。

脳内メーカー: 岸淑香さんの脳内






あれ!なんかすごいよさ気

脳内メーカー: sayakettoさんの脳内





なんか鼻から出てんスけど・・

このページのトップヘ