きしさやかの〜鍵盤道〜

一語一音 , All around things, words, MUSIC !!

カテゴリ: 語る

先月の終わりに、ピアニスト野口茜ちゃんの訃報を知りました。


2年ぐらい前から血液の病気にかかり、入退院を繰り返しながら、
いつか復帰する!と信じながら。




すぐには何がなんだか分からず
受け止める気持ちと無理な気持ちとあって
 
もうメッセージしたり一緒に演奏できないんだって哀しみが溢れ出るまでに時間がかかりました。



ずーっと前からお名前は知っていたし、
同じピアニスト同士、同世代、ラテンピアニストでもある彼女、
素晴らしいオリジナル曲や自身のビッグバンド、鍵盤ハーモニカの演奏、
共演者が似ている…などどこか共通の箇所をたくさん感じ、
凄いなぁと思うのと同時に
やはりライバルにも感じてた部分もありました。

出会いは某○のイタリアンなどの演奏での控え室だったかな。

今思えばきっと私のこと怖がってたと思いますよ。
私第一印象良くないので。(笑うところ)


そのあとかな、SNSで鍵盤の話で盛り上がって。
同じくピアニストの渚まいこちゃんも加わって「なんか面白いことやろうよ‼️」て。

鍵盤のデュオはよくありますが
鍵盤奏者3人!?
どーする?何が出来るかなーー
みんなオリジナルどんな感じー!?
E34FB8F4-BE13-4DE9-87A3-5724DCB09B7A

こんな話から始まりました。楽しかった。

B6600F21-37DE-4225-BA5A-015CCA45C525

まずは初リハーサル。
彼女は我が子を抱えてのリハ。
気使っていたけれど、場は和んだし、こんな時間を共有できるのもちょっと仲良くれた気がした。
F8C858A1-C5E6-4549-8CCB-3322045F2429

E783BA6A-2D10-4370-9F3C-7E9787895DB6




初ライブ。
ピアノ、エレピ、木琴、鍵盤ハーモニカは全部で4台ぐらいあったかな。
何をする集団だ、謎。笑
23DDB8B6-3FA4-4D8A-9D23-E97BCA0FAA53

刺激的な時間でした。
二人とも素晴らしい演奏、楽曲。アレンジ。
お客さんはそんなに多くなかったけど。
35A27E2D-FD7C-485D-882D-E02BA5893FAA

6E816CF5-7925-4D79-AFA4-37E000BF7F55
0CBF394F-61C6-4BC5-AE73-6998E979D2B7
F1638CC2-9FF1-4507-AEF6-1D7236514365



その中に、ケンハモの伝道師…というか
ケンハモに携わるTさんがいらしていました。

後に、こんな流れに繋がります。

 

ケンハモのPR動画を創ろう、と言っていただき
スズキのメロディオンをみんなで使っての動画撮影。

こんなご縁を繋いでくれたのは、茜ちゃん。
感謝でしかないです。鍵盤弾き同士のプロジェクトが本格化した感じでとても嬉しかった。


そして、2019年8月ケンハモパーティー。渋谷にはこんなに沢山のケンハモ愛好家が!
コロナ禍に於ける今となってはこの光景すら眩しい。
04037F60-94EA-4DE2-B29A-6DDBDC2A4F9B
44FA3633-9B91-4989-BCD9-4D99C535FC19
364CA74E-CD8D-4F09-BC28-39298F5F7128

三人でステージに立ったのはこれが最期。
こういうイベントに繋がっていって、なんとなくやって良かったなぁって思ってたんです。
まさかこんな流れになるとは。

でも、ここからもっと発展する予定でした。

もう一度3人のライブをやろう!ってなった時には
彼女の容態が悪くなり始めたときで。
とても優しく気を使って断りきれなかったかなぁ、て今となっては思います。
まさかこんなにひどくなるとは思わなかったと思う。全員が。


結局、このプロジェクトが会ったのは最後になってしまいました。

入院中のこととか、自宅に帰った時にこの3人でZOOMしたりしたけど、
結局は直接話したのはこれが本当の最期。


彼女のような、音楽が&ピアノが好きでしょうがない、という人に出逢えたのが嬉しかったし
一緒に演奏したりキューバの話したりラテンやピアノの話したり、
もっと出来たよね。



彼女はまだ小さい二人の娘さんの母親でもあって、
子連れのリハーサルをしたこともあったし、同じ女性としてもとても尊敬していました。


茜ちゃんの10年後とか想像することも出来るし、一緒に遊んだりもっとしたかった。
8C682BF3-A7DA-4F9D-81E0-55852388A71D


 



本当にまだまだ信じられないんですよ。

私の敬愛する志村けんさんの死は受け入れられたんだけど
ピアニスト野口茜は時間ががかります。


とにかく、音楽で出逢えたことに感謝で
彼女のおかげで鍵盤ハーモニカのイベントに出れたり
鍵盤奏者の接点を作ってもらったり。



本当に、付き合いは短かったけど
一緒に演奏してくれてありがとう。


やっとこのブログを書く前日に初めて想いが溢れてきて
涙が止まりませんでした。すぐに想いを言葉にできないぐらいでした。


2809A901-E9D3-4B09-9F17-78B8F2D8B1A6
E45D40C9-28A5-4CF3-A821-82181AE68A1D




闘病、本当に辛かったと思う。
誰よりも演奏したかっただろうし、絶対復帰するって言ってた
待ってたし心配だった、だけどきっと計り知れないほどきつかったと思う

だんだん年齢を重ねてきてこういう直面はあるのだろうけど、
仲間を失うのは何より辛い。
一緒に未来を観ていくはずだったじゃないですか。
やっとこれから仲良くなるんだったじゃないですか。



彼女の遺した音源や言葉、機会があれば目に留めてください。
嫉妬するぐらい素晴らしい音楽家です。

「野口茜」




こんな短期間で沢山の想い出をありがとう。

あなたの存在は一生私の心の中に残ります。
あっつい、あたたかいピアノをありがとう。




私が迷ったときは、空からクラーベを叩いてね!!!!


 5333D924-BC1D-4013-A1D8-348BEE81CCE0

そういえば誕生日の御礼を書いておりませぬでした💦今年はバースデーライブもしなかったので何となくふわーっとした7月です☔️
かなり昔に感じますが7月6日は私の誕生日🎂
ステキなメンバーに沢山お祝いしてもらいました✨みんなありがとう。
お酒や激辛スパイスなどもいただきました🔥嬉しい!

C9F66B40-CA02-48E0-8CDF-8B0256CEC3A9
36830B63-5B2E-4D21-B0F7-7A8A12790AEB
0700CCC4-9BB8-4DDF-9CF5-FA5C2CC7464A
4C30EDCE-0F07-4189-83B8-BD449518B03F
BF42BF13-21E6-4979-89FB-1A2A50946681
D7B32AA0-247F-4CE2-888E-92E7BED30C10


B62A3857-3203-4D71-9152-EB25639BF51A

92CE7CEF-FD02-4249-ADF4-669700AFF1A5
24D30E5E-CA1F-4CBC-9C04-D453056F21F7
EE636B34-8045-4F31-8A5A-CD678F59220D
D304616B-89AF-4D3E-A089-98F02B4F6039

471B45CC-A33E-4555-9900-56AC55D4062D
B2FA67FA-72B8-4F50-8BB9-9A541CF9AD35
252ADDC1-8EB7-4C62-8584-9C4E6557720D
E51D8F4D-9B0E-4114-A224-040B559F6DE0
CBC99EE6-0127-424E-B540-BB1EEDAA7470


*
日々優しく大切に生きていくことが今のところの信念です👌
皆さま引き続きよろしく銅像‼️お願い致します😂
6 Jul 2020.
*
*
6 de julio es mi cumpleanos.
Hice que mis maravillosos amigos celebraran🎂
Quiero vivir amablemente y con cuidado todos los dias, espero que todos a mi alrededor hagan lo mismo.

夜分に失礼致します。 

私も大変お世話になっていて、尚且つ大好きなお店、希望ヶ丘CASKが本日を以って閉店致しました。

大好きなお店だっただけに、状況を理解し、お店の方々ともお話をして受け止めていきます。

近日中に決まっているCASKでのブッキング、以下です。

9/11 SA Gyals→草加シュガーヒルに変更
10/3 岸淑香ソロピアノ→未定
10/27 conviano→未定
11/7 Gyps→未定
12/29 岸淑香トリオ→未定

です。

スケジュールを予定してくださっていた皆様には大変申し訳ないのですが、お詫び申し上げます。
何卒、この急なタイミングならびに前向きなご検討とご配慮を心よりお願い申し上げます。
(随時スケジュールは決まり次第発信していきます。)

未定。と書きました日程はこれから場所を探しますゆえ、
ライブハウスの皆様、もしガチっとハマる日程がありましたらお気軽にメッセージをお願い致します。

最後に、9/1に演奏したばかりの岸淑香トリオ、珍しく映像を撮っていたので載せておきます。

大好きなCASK、たくさんの出会いをありがとうございました。

まだまだ受け入れられそうにもありませんが、
悲しくて、悲しくて、辛いです。

こんな活動をしながらもコツコツとレッスンもしてるのですよ笑

そんなに多く無い生徒さんの中でも特に頑張り屋な83歳の生徒さん。


3年も通い続けていてかなり厳しく突っ込んだ事も指摘するようになってきてます。
そして、今までで一番"尺"の長い曲に挑戦。


Aメロ、、、Bメロ、、、、盛り上がり(サビと言っても通じなかった)、、、またAメロ、、、、

みたいな結構複雑な構成の曲でして。


演奏しているとどこをやってるか分からなくなってしまうそうなのです。

譜面を追えば解決出来るのですが、それは譜面をスラスラ読める人のハナシ。

なので、ストーリーを組み立てましょう!!!と提案しました。

1バンはまず、、普通の、特になんとも無いテンションで、、、
2バンは少しやわらかくしてみましょうか!気を抜いて、、、、
3バンは力一杯、元気に行って見ます!?的な。


ちょっとわかってもらえました。

音楽は楽譜であり、楽譜であってはいけないと痛感する最近です。


また、語ります!!

こうして日々色々演奏させていただくようになって○年。

その都度その都度自分に問いかけは悶々とし、
上手くできてはその後凹み、
調子に乗ればすぐ歯車がずれ始める、、、

そんなことを繰り返して今に至る気がしています。


おかげさまでこんな人生の賜物でして、沢山の方々とお会い出来たり、再会出来たり、もちろんしばしのお別れもあったりしています。
全てがひっくるまって今日という日があるのだし、それを悔やんだりすることもありますが、今に繋げる事柄だったと思うと自然と合点がいってしまうわけです。

大人になったのかなぁ。


今でもまだまだ上手く弾けないし、なにくそー!の根性は一生持っているのでしょうが
そこそこマシなピアノを弾くようになってきたかな、、と思える最近です。

岸淑香、な音。
がそこに在ることが最大の目標ですね。きっと。


多大な皆様のお力添え無くしてはこんなブログは生まれなかったでしょう。
なんだか書きたくなったのです。
たまには、いいよね。

皆さんも、楽しい事を見つけたら気兼ねなく没頭していただきたいです!
一人でジャズバーに来たって全然構わないんですよ。いくらでも話します。


音楽が一歩一歩チカラになりますように。


なんとなくの戯言でした。また語りますね!!👍


2014年にリリースした私のソロピアノアルバム「feat.手」


全面的にプロデュースして下さった冨谷正博さんが急逝されたそうです。

冨谷さん、早いよ。早すぎるよ。

あまりに突然の出来事で言葉がありません


ちょっと前に、連絡しようかな、て思っていた矢先。なんで連絡しようかと思っていたのか。今となってはわかりません。





『ピアノの気持ち考えたことあるか?』




冨谷さんに色々言われた叱咤激励をレコーディング当時数々自問自答しながら録音したことを思い出します。

最後に録り終えた時に、「ピアニストになったね」と。

私はこのアルバムを作ってまた新たにピアノと向き合うことができました。


叶わぬ願い。

ですが、

次自分がCD作るときも冨谷さんが良かった。

まだまだ沢山聴いて欲しかったです。



最後のご挨拶が出来なくて本当に寂しい。

悔しい。哀しい。こんな突然逝ってしまうなんて。


このアルバムを聴いて冨谷さんのミキサーの前の佇まいを、ホールで聴いた一つ一つの言葉を思い出しながら、これからも自分の中で大切なCDとして刻んでいきたいです。


冨谷さん、ありがとうございました。

そして、これからも天国で見守ってください。




SAYAKA KISHI / feat.手

https://itunes.apple.com/jp/album/featuring-%E6%89%8B/id923892979https://itunes.apple.com/jp/album/featuring-%E6%89%8B/id923892979




http://sayaketto.blog.jp/archives/51957679.html

アルバムリリースのブログです。


冨谷さん、どうぞ安らかに。

ご冥福を心からお祈り致します。



岸淑香



7月6日


という日が毎年大好きです


母親曰く

7月7日が予定日だったらしいのですが

3時間で産まれたそうです



あれから○○年



こんな風に日々を過ごして来ていることは物凄くシアワセです

より楽しいことを求めていきたいなと思います。

だって自分の人生やから。



さやか

震災から6年。

6年前の今日はリハーサルをしてて…

車で何時間もかけて帰ったのを思い出します。



当時のぶろぐ。

http://sayaketto.blog.jp/archives/51741208.html



出来ることは少ないですが、出来ることをやっていきたいです。

花粉症の薬も効いてきたしね、これで演奏中こ一命も取り止められます。


今夜も大好きなこの方との紡ぎ!楽しみです。


3/11sat

八尋洋一bass×岸淑香pianoデュオ

福生ジェシージェームス

http://www.jj-smile.com

★Open5:00

Live start 7:30〜(3Stage)

★ライブ・チャージ 通常¥2,000



ステーキ食べましょう!

なんと!

突然ですが。
9/25ハワイで結婚式を挙げました。
家族、友人、仲間に囲まれてホントに楽しい時間を過ごせました。

良き旦那さんとめぐり逢うことが出来て幸せです。
これからも音楽に人生にがんばりたいと思います!

岸淑香


訃報が相次いで、日々の暮らしの中でじわじわと考えたりする日々です。
トゥーツシールマンス。
素晴らしいハーモニカ奏者。

これはあのジャコとやってる名演。
1音目からすごいな。

94歳。
ご冥福をお祈りします。

沢山の名演、名曲を残し名を馳せて、94歳まで生きて、、
私の目線で言わせていただきますと本当に幸せな人生だったのではないでしょうか。
一度も生で演奏を聴けなかったのが本当に悔いが残ります。
天国でも良いセッションを産み出して欲しいです。

大好きなミュージシャン。




そして、
もう一つは、私が直接は面識の無いミュージシャンです。先輩ミュージシャン。
なにがこんなに引っかかってるのかわかりませんが、本当に沢山の人に慕われていた方だったのです。
機会があれば共演したかったです。
今となっては全てが叶わない。


あるミュージシャンが書いてました。

ミュージシャンだって繊細な人間。
図太く強く生きてるわけではない、。

全くもって同感です。
日々恐怖と隣り合わせ、でもそれを乗り越えて楽しいことや感無量な事も、たくさんあるのですが、またやってくる恐怖。

自分に自信が持てるきっかけはそこらにあるようで実は掴めないものかもしれません。

なんにせよ、
自分と向き合って本当にきつくなったら休みましょうよ。
音楽を愛しているからこそ、休めばいいんじゃないかと。

自分が自分でいられる道を選ぶには、そうまでしてでも悩む事がつきもので
そしてそれを助けてくれる周りの仲間への感謝を決して忘れずに。

一人で生きることはつらいから。

ささいなことを、充分に愛していきましょう。


最近そんなことばかり考えています。

このページのトップヘ