きしさやかの〜鍵盤道〜

一語一音 , All around things, words, MUSIC !!

カテゴリ: Live鑑賞

なんとも芸術に触れまくった1日でした。

森美術館でやっている「宇宙と芸術展」に滑り込み鑑賞。
セクシーロボット最高でした。
IMG_2191
IMG_2201

宇宙ってすごい。かぐや姫は宇宙人だったりして。

個人的には掛け軸に天体観測を記してた日本作品が一番ぐっときました。

そして、お次はお目当てのエルメート・パスコアール!!
本当に大好きなアーティストでありクリエイター。
生で観れて嬉しかったーー^^
DX7使ってた!私もだよ!!って最後に叫びたかった。
DX7のエレピってほんとバンドに負けない独特の音色ですね。
ピアノの即興にインスピレーション受けました。
やぁ〜観に行ってよかった!!!
IMG_2211
IMG_2212
IMG_2213
 

さぁ、こんな刺激を受けまくりのお次はアウトプット。
たくさんの芸術を、美を、音色を、自分の言葉で噛み砕いていきたいなぁ。

達人お二人との共演です。
いろんな曲やります!!
明日のご予定、吉祥寺ストリングスにお越しくださいまし!!

IMG_2222

1/9
岸淑香トリオ音絵巻
at 吉祥寺strings
http://www.jazz-strings.com/#

岸淑香(pf)
コモブチキイチロウ(b)
石川智(perc)
start 18:30〜,20:00〜
charge\2,900

 

〆はラムでした!
ラムバーはいろんな出逢いがありますね〜
IMG_2214
IMG_2216
 

13403807_1018767768209616_6603382552464287994_o


6/13。

SHAI MAESTRO Trio @ Cotton Club。

とても良い夜を過ごしたので記述。
何の先入観も無しに、音源も1つも聴いたことのないシャイマエストロを聴きに行って、一音も聴き逃してなるものかというアンサンブルに浄化されました。
13435573_1018767381542988_8098912389049682774_n
 

ピアノトリオが躍動感に溢れる面とただ静寂に音が飛んで行く面と。
風景を思い描ける空間を共有出来るってすごいことなんやな。
 

久しぶりに会えた素晴らしいピアニストすみれちゃんやちょいちょい会ってる綾様ともここでは言えないゴニョゴニョ…な話も出来て。
バーチャルなwebからは到底伝わり得ない、顔を見て話すことでこんなにもパワーもらうんだなと実家しやした。
2人ともありがとー。
13465988_1018767534876306_6114580732312858539_n

13407175_1018768164876243_6514556745174048379_n

 

気分が良いのでぶりの甘酢なんちゃら風と炒り豆腐作ったった。
すごい良い匂いがしてるから明日を楽しみに寝ます。おやふみなはいませ。

13412872_1018767894876270_1981471977176354523_n
13423707_1018767901542936_6645910911153384140_n

 夜には食べませんようえぇぇえーーーーい!

ビルボードに観に行って来ました。

大好きなピアニスト。

この日のライブではレギュラー的になっているドラムのクリスデイブ不在。
初めて見た今回のドラマー、すごくいい感じだったな。
 
グラスパーのピアノは相変わらずかっこ良くて柔らかくて。リリカル。
おぉぉぉ〜っと酔いしれたのですが


もうちょっとピアノ!を聴きたかったなぁー

くぅ。


でもそんな想いにさせてくれるなんてずるいと思いつつ。。


12-03-25


彼の音が好きで

彼の創り出すステージが好きで


彼の連れてくるメンバーが好きだから


何度でも行きたくなる



この日はいつもに比べるとおとなしいようにも思えたけど


でもまた新しい彼の部分を見つけた


バラードが多かったのも


嬉しかった


また来よう。

レッスンを終えて向かった先は吉祥寺Strings。



かな〜〜〜り久々に、師匠のピアノを聴きに行きました。


多くは書きませんが
確実に、リセットされた。


歌をどう活かしてどういう音選びでピアノを弾いているか
スタンダードの一曲一曲の解釈が


まさに私にとっての美しいピアノ、の在り方だった。


メロディーと歌詞をどれだけ大切にしているか



やっぱり心臓をえぐられるようなそのピアノに


終始魅せられっぱなしだった。




リセット。



もう一回自分のピアノを見つめ直そう。



ぶれそうになるといつも、背中を正してくれるそんな師匠のピアノに、
いろいろ想いを重ねての帰り道。


良い夜だった。

12-03-24_1

11-09-28_1

夕方に映るスカイツリー。いいねぇ。
絶景かな。


今日は行って来ましたよ!

東京ドームは小田和正さんのライブ!!


ひょんな事から行けることになり、
ずーっと好きだったあの「声」が生で聴けるですよ!
そりゃ〜もう、かなりテンション上がりながら向かいました。

テンションも上がっていたため腹ごしらえは餃子の王将で済ませました。
美味しいね、王将。


東京ドーム、久々に来たけどやっぱりめちゃめちゃ大きいな。

4〜5万人ぐらいいたのでしょうか?

ほとんど埋まっていて、見渡すだけでもすごかった〜。

3時間近いステージで、ピアノやギター弾いたり、歌いながら走ってたり、手振ったり、、
とにかく元気な小田さん。
自転車に乗りながら歌ってたり、アンコールではsax吹いたり(!!)
ドーム特有の音の反響はものすごかったけど
やっぱり、生で聴く、そして生で観る小田さんのパフォーマンス、本当に素敵でした!!

まさかの2曲目の「ラブストーリーは突然に」
でもって大好きな曲「東京の空」「秋の気配」などなど、、


ピアノ弾き語りと弦カルだけでの「言葉にできない」



やっぱり、鳥肌でした。

基本的に小田さんのアコースティックセットはどれもどストライクです!!!


「声」

高音のハリや歌詞の歌い方、
あんな大きなところでも、大音量のバンドでも
しっかり抜けて自分の耳に届いて来る。


ほんとに唄が、音楽が好きなんだなぁという感じの小田さん。
いやぁ、あんな大人になりたい。

バンドメンバーも全員コーラスをしていてすごく楽しそう。
弦カルさんまでハンドマイクで歌うという画はなかなか珍しい!笑
スケールも演奏もボリュームもたっぷりなライブ。
最高でした。


♬「東京の空」

がんばっても がんばっても
うまくゆかない

でも気づかないところで
誰かが きっと見てる

あの頃みたいに
君に優しくできているかな 今も

いちばん大切なのは その笑顔
あの頃と同じ

11-09-28_2

【Live鑑賞】
気仙沼出身の友人シンガー・MAIちゃんが復興支援ライブをするとのこと。
パークタワーホテルのラウンジに応援に行って来た。
最後の方しか聴けなかったけど、
もう〜素敵過ぎる歌声、そしてライブの雰囲気。
会えて良かった〜!知り合いミュージシャンにも沢山会った。
残念ながら写真は撮れず。。


【からの、ハシゴ】
夜は友人vocal・Blancaのステージを鑑賞。
飛び入りもさせてもらって嬉しかった。
またまた知り合いに遭遇。
4/23に対バンをしたユニット・musicaさん。
愉快で痛快なお二人。
またまた7/30にも同じステージに立てることになりましたよ。
みんなで肘を食べました。あっ、ピザだった。
11-05-22_live1

11-05-22_live9

11-05-22_live5

まだまだ寒いですな〜

今日は、CottonClubにFrank McCOM(フランク・マッコム)を見に行きました!
1815dd62.jpg

もぅ〜、大好きなシンガーであり大好きなピアニスト/キーボーディスト。

生で観たい×2と思っていたのでテンション上がります♪


やはり、ローズか?
と思ったけど、本日はKORGのエレピにm50のミニシンセという二段積み。
KORG好きなんだなぁ。

始まりからかなりリラックスしてたようで、いきなりメンバー紹介しながら客席と笑い合ったり。

いい雰囲気。


エレピのイントロに合わせてベース、ドラム、パーカッションがグルーヴを創っていく。

Frankのvoが乗っかる…


4人しかいないのに

なんなんだ、この厚みのあるグルーヴ。

心地好すぎる。。


途中、グランドピアノに移ったり、スティービーの名曲「Superstion」のアレンジがあったり…


生で聴く素晴らしい歌声と、バンドと、鍵盤プレイに終始酔いまくった。



中でも、中盤のベースソロには興奮しました!
あんなん、初めて見た。
Anthony Crawford(b)。すばらし過ぎます!!!

あと、パーカッションのTimbali Cornwell(per)。
シェケレひとつであれだけ会場と一体のコミュニケーションを図れるのは彼の人柄ですね!!
なんてゆうか、、かわいかった。笑


いいライブ観てまたまたご機嫌だす。


あぁー、きもちよかった。
14bda0c1.jpg




余談ですが、今日の空。
dccec913.jpg
これも、心が洗われる一瞬。

fcc0cf9a.jpg
BlueNote公演最終日、2ndShowに行って来た。

最近ふと時間が出来ると、
とんでもない刺激を受けたくなってライブに出かけるようにしている。

ロイハーは昨年MotionBlueで見た以来。

メンバーは
Roy Hargrove(tp,flh)
ロイ・ハーグローヴ(トランペット、フリューゲルホーン)
Justin Robinson(sax,fl)
ジャスティン・ロビンソン(サックス、フルート)
Sullivan Fortner(p)
サリヴァン・フォートナー(ピアノ)
Ameen Saleem(b)
アミーン・サリーム(ベース)
Montez Coleman(ds)
モンテス・コールマン(ドラムス)
の5人。


最初の方はちょっとみんなお疲れ?なのか、無難な演奏、というか、聴きやすい感じで進んでいった。

(もちろん、こんなハズで終わるわけないよね…?)

フリューゲルホルンの美しいバラードのあとに、高速4ビートが始まった。

ロイ「ヘイ、カモン!」


一人の黒人がステージに上がり、メンバーのドラマーと抱き合い、今度は彼がドラムをたたき出した。

わ!バリバリなドラマーじゃん!

あとで知ったのですが、ブルーノートにも出演してる方だったのですね!

すごかったー!!

バラードの美し過ぎる旋律のあとに熱いこの演奏。

泣けてきちゃいました。


これがライブの起爆剤でしたね。そのあとの曲全部良かった。

もちろん最初から良いんだけど、会場が一つになり始めた感じ。

アンコールでは
「NeverLetMeGo」でVocalも披露。

なんか味のある歌で好きだな

そんなこんなで余韻に酔いん知れながら、帰路に着いております。

最高!なライブだったな。

ロイのクインテット、いつもずば抜けたセンスのピアニストを連れて来るなぁー!

美しかった…(:_;)

チックコリアTrioを観に行きました!!!


ベースはクリスチャンマクブライド。
ドラムはブライアン・ブレイド。(※ブレイドで変換したら無礼度と出た。)


チックは以前にも聴いたことはあったけど、
このリズム隊の組み合わせはぜしぜしぜがしでも観に行きたい!!!と思ったの。



もうねぇ。

すごかった。。。


何がすごいって、マクブライドがすご過ぎる。


何なんだあの重鎮たるキープ力。

あらゆる方向から攻めるフレーズ、リズムの引き出し。



いや、そこへいくとブライアンブレイド(※ブレイドと変換したらぶれ井戸と出た。)もやはり素晴らしかった。

オンリーワンな音色の魔術師。

繊細でいて時に爆発する表現力がたまらん!


このふたりと絡むチックは・・・・チック節でした!

激ヤセで心配していたけど、演奏は何の問題もなし。
fffからpppまで、ピアノをいろいろな奏法で彩ってくれる。ハッとさせられるハーモニー。
まさに魔法使い。。



観に行って良かった!!


ピアノトリオぐらいの音圧が、やっぱり繊細で好きだなぁと思うのでした。


14日のライブにも良い意味で活かせればいいなぁ!


10-12-04

このページのトップヘ