きしさやかの〜鍵盤道〜

一語一音 , All around things, words, MUSIC !!

カテゴリ: Live鑑賞

チックコリアTrioを観に行きました!!!


ベースはクリスチャンマクブライド。
ドラムはブライアン・ブレイド。(※ブレイドで変換したら無礼度と出た。)


チックは以前にも聴いたことはあったけど、
このリズム隊の組み合わせはぜしぜしぜがしでも観に行きたい!!!と思ったの。



もうねぇ。

すごかった。。。


何がすごいって、マクブライドがすご過ぎる。


何なんだあの重鎮たるキープ力。

あらゆる方向から攻めるフレーズ、リズムの引き出し。



いや、そこへいくとブライアンブレイド(※ブレイドと変換したらぶれ井戸と出た。)もやはり素晴らしかった。

オンリーワンな音色の魔術師。

繊細でいて時に爆発する表現力がたまらん!


このふたりと絡むチックは・・・・チック節でした!

激ヤセで心配していたけど、演奏は何の問題もなし。
fffからpppまで、ピアノをいろいろな奏法で彩ってくれる。ハッとさせられるハーモニー。
まさに魔法使い。。



観に行って良かった!!


ピアノトリオぐらいの音圧が、やっぱり繊細で好きだなぁと思うのでした。


14日のライブにも良い意味で活かせればいいなぁ!


10-12-04

一日しかないChris Daveのトリオ。
ビルボードで見て来ました!!!


行って良かった
生きてて良かった
音楽やって良かった

の3拍子に尽きるライブでした!!!!


いやぁ、凄過ぎて途中何回か爆笑してしまった。

すごいベースがいたもんだ。
すごいsaxがいたもんだ。

そして、あのリズムは神ですね。。


あんなトリオ楽しそうだなぁーー!!!!

自由、だけどむちゃくちゃ緻密で繊細。
そして爆発力。

気持ちに正直。

脱力。

そして瞬発力。

音楽は自由。







いい刺激をもらったところで、私もセッションでびゃぁーとがんばりますっ!

本日はこれ!

♪9月1日(水)【JAZZ,FUNK,SOUL,Latin,Rock...etc】
【防災ダヨ!セッション】岸さやか主催JAMセッション@新宿歌舞伎町ゴールデンエッグ
東京都新宿区歌舞伎町1-16-10 第27東京ビル B2F
03-3203-0405
OPEN 19:00
START 19:30
Charge ¥1,000+1drink ¥500
※リーダーのノンジャンルジャムセッション!
楽器経験者の方も初心者の方も、ぜし。
岸淑香(pf.key),吉川大介(wb),中島道博(ds)


ブログ溜まった分をどかっと書きましたー!
ちぇけらしてくださいね!

COTTON CLUBにトランペットのニコラスペイトンを観に行って来ましたーー!


いやぁ、めちゃくちゃ


 ( )=カッコ 良かった!!!!



何がどうこうとかもう言葉にするのもめんどくさいぐらい、

良かった。(笑)


あぁーーーーNY行きたいーーーーー!!!!!!!!



最近の自分にとってはかなり刺激的なライブでしたよ〜〜



ところで。


指の経過ですが、本日形成外科に行きましてレントゲンを撮って来ました。

幸いな事に、打撲で済みました。


だすが、先生曰く


「出来るだけ手を安静にしていて下さい・・・っていっても出来ないでしょうけど」


・・・


・・・はい、出来ません(笑)



そんなこんなで指を楽に動かせられるように

日々テイクケアーしつつ、

無理しない程度に頑張ります、という結論でございます。



先生曰く


"「痛くてピアノが弾けない」 ではなくて、"


"「あぁ、ピアノが弾けるぐらいの怪我で良かった」 と思いなさい。"


"ね、そのほうが良いでしょ"



はい!!!ごもっとも!!!笑



そんなこんなで日々しつこくテイクケアーしつつやってみます。


明日、明後日、明々後日とライブ日和ですがしかし。


明日はソロ。

♪7月23日(金)【JAZZ,POPS】
Solo piano @ 新宿 白龍館
東京都新宿区西新宿6-21-1 アイタウンプラザ 地下1階
03-5323-6550
start20:00〜3ステージ
charge投げ銭制
岸淑香(pf)


明後日はsayaketts。須藤さんの初ウッドベース楽しみ。

♪7月24日(土) 【JAZZ,FUSION】
sayaketts @ 阿佐ヶ谷Next Sunday
東京都杉並区阿佐谷南 1-35-23 第一横川ビルB1
03-3316-6799
open 18:30
start 18:40 (※出演21:00頃です)
charge adv¥1,200 door¥1,500
sayaketts are : 岸淑香(pf),須藤剛志(b),谷昭利(ds)



そして明々後日7/25はスケジュールに載せていませんが
小岩オルフェウスというところでイベントに出演します。

久々のROCK!

キーボード二段でいろいろやります。楽しみー!



暑いので熱中症など気をつけてテイクケアーしましょう!

先日の話だす。
またもや大好きなCotton Clubにこの人を観に行って来ました!

George Duke / じょーじでゅーく!
GeorgeDukeDukeyTreats
観て下さい、このワルそうな顔を(笑

でもプレイは最高にファンキー!
作曲やプロデュースももちろん、何と歌まで歌っちゃう。
声も優しくてとってもソウルフル♪
彼の存在を知った10代の頃から、ずっと大好き過ぎるピアニスト/キーボードプレイヤーです!

生で聴けるなんて。。。

チョー憧れの人だけに、緊張してしまいます。
同じアフロでこの人相。パパイヤ鈴木さんではきっと緊張はしないでしょう。

グランドピアノに後ろにはYAMAHAのモチーフを2台。

エレピを出したり、ブラスやお得意のモジュール系リードの音色などなど、やはりキーボーディストの色濃く、様々なプレイを魅せてくれました。
単なるピアニストではないところがこの人なんだよねー。


ライブの中盤では、世界中の音楽の混ぜ合わせたメドレーを。
POPS,FUNK,JAZZ,R&B,Cuban,Brazilian,ROCK,Soul,などなど、
彼"らしい"要素をふんだんに盛り込んだメドレー。
バンドメンバーは何となく彼に「ついていく」というような印象でしたが、やはりいろんな意味で彼が要になっているのだと感じました。

遊び心も満載で、ステージで爪を切る場面も。笑

私も今度やってみよかなぁ。


ちゃんと掃除もして、ね。w


とにかく、その鍵盤さばきのひとつひとつが憧れの音ばかりで、
タッチやフレーズ、呼吸の「間」などなど!
自分が出したいと思える音がすべてそこにはありました。

うーん。

本当に指が速く動き、パワフルなピアニストは沢山居ますが、
彼のように弾かない「間」を作れる人がモノスンゴクたまらない!

いやぁ、良かったです。
ピアノはいいね!


そんなじょーじでゅーくさんのプレイはこんな感じ。
一人でもこんなに歌ってます。


そして、こちらはなんとあの"チャカ・カーン"と!
てゆうかジョージも良いけど、チャカのAトレインかっこいなぁ!

先日、cottonclubにYellowjacketsを観に行きました!!!

Yellowjacketsと言えば・・・・
私の生まれた年ぐらいに"生まれた"フュージョングループ。

恥ずかしながら最近になってようやく研究し始めたので
まだまだ知識は浅いのですが。
個人的にボブ・ミンツァーのアレンジをビッグバンドで演奏してるので非常に興味津々丸なグループなのです。


piano/keyのラッセル・フェランテ。
すごい好きなタイプのピアノ。
音が綺麗!粒が際立つフレイジング。
意外と笑顔でプレイしているのも好印象でしたーー!
この手の音楽、淡々とクールに演奏されるよりはこういう楽しそうな表情を観れるとホッとするんです

sax/ewiのボブ・ミンツァー。
人の良さそうな見た目の通り、あたたかく且つセンスの光るフレーズが印象的。
一歩引いた立場のようでいてバンドのキーマン。
そんなフロントの佇まいが素敵でした。

bassジミー・ハスリップ。
とにかくこの人が凄かった。
レフティ(左利き)な上に、ベースの弦を逆さまに調弦してあるらしい。
【一番上が高音の弦、一番下が低音の弦】
まぁー、よくそんなに指が動くもんだ!!
それでいて柔らかく安定されたタッチ。心地良すぎ。
ソロでの世界観も素晴らしかったなぁーー。

dsマーカス・ベイラー。
要所要所のダイナミクスが凄まじく気持ち良かった。
bassのハスリップとのコンビが強烈に重厚。
リズムの色づけは観ていても本当に楽しめた。


あっという間の1時間20分。
1曲1曲がどれも名曲で、メロディや世界も美しいものが多かった。
ひとつ言えるのは全員持久力がハンパじゃないずら!!!




かっこ良かったずらーー

予定が立て込んでてもし空いたら行ける・・・という状況の中、
昨日めどがついたので今日!急遽!


観たい!聴きたい!歌いたい!(なつかしい)と思っていた大好きなミュージシャンの一人、
トランペットの"Roy Hargrove" - ロイ・ハーグローブのライブを観に行って来ました!

クインテットのライブで場所はモーションブルー。

空席の状況を当日に確認したら・・・

電話の女性が「1名分でしたら空いております」と。

奇跡!!!

ツイてる!!
朝寝坊したのに遅刻しなかったから???w


ロイのクインテット、メンバーは
Roy Hargrove(tp,flh)、Justin Robinson(sax,fl)、
Joel Holmes(p)、Ameen Saleem(b)、Monetz Coleman(ds)


ロイがステージに上がり楽器を構えるや否やいきなり1曲目スタート!
この間の良さがたまんない。

ステージ上がって、まず、チューニングは?とかリズム出すタイミングは?とか、そんなん後からやって〜みたいな、そんなノリが素晴らしく気持ちいい。

ファンキーなブルースから始まり、お得意の洗練された4ビート、
6/8と5/8を行き来する美しいマイナー調の曲、そしてミュートトランペットやフリューゲル、さらにはロイの歌まで!飛び出して最後はアルバム「EARFOOD」から最高にかっこいい「STRASBOURG / ST.DENIS 」

パワフルなトーンはもちろん凄いし、マイクを上手く使った柔らかいニュアンスや、ビブラートのあたたかい感じもすごくいい。
バラードでの美しいフリューゲルホルンには本当に泣けた。

歌もいい味出してて素敵!
結構男声にしては高い方ではないかな?

クインテットのメンバー皆個性的でとても良かった。

あれ・・・?
名前では分からなかったけど、ピアノのJoelはどこかで観た事ある。。。
あっっ!NYに行った時に観てた!
しかもセッションしに行ったお店にふらりと現れてピアノ弾いてた。
あの頭は一度観たら忘れない。
いかついドレッド頭の黒人ピアニスト。

JoelはNYの時も思ったけどコードワークがかっこいい。
ピアノソロではかならずエモーショナルに弾いてくれるところも良かったなぁ。

そして特にドラムのMonetz Coleman!!
滅茶苦茶人間臭くて、いろんな音楽のフレーバー持ってて、
メロディ、リズムをかなり細部まで聴いてる!!!
それに反応するセンスがかなりいい!!
何より楽しそう!!!!!!
彼のドラムは心から惹き込まれます。
これが聴けただけでも来た甲斐あったですよ。


楽しみにしていた予想をはるかに上回るパフォーマンスで
MCもほとんどなしの1時間40分ぐらい。
たっぷり楽しませて頂きました!!!

あぁぁ、都民だけど横浜に来て良かったよぉぉぉぉ
終電逃したけど来てよかったよぉぉぉぉ


スーツをびしっと着こなしているのに
足元はNIKEのハイカットスニーカー


やっぱりおしゃれは足元からってロイも知ってたんだね。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/roy-hargrove/

ファンキーなsaxと言えばの巨匠メイシオ・パーカーとオサレファンキーかつアダルティなsax王女キャンディ・ダルファーのライブ!
観に行って来ましたはブルーノート。

いやぁ、期待してました
メイシオは去年も観たのだけど、キャンディはまだ一度も観た事が無かったので。

最近、偉大なアーティストが突然亡くなってしまったりするので
今観たい!と思うライブはとにかく観に行かなければと思うんです。

本当に観たかったペトルチアーニは、私が知る前に亡くなってしまったから。


話は変わって
ライブ始まる前に同行したsaxのガッキーとカレーうどん「千吉」へ。
Image975
ここがめちゃめちゃ美味しくて好きです★
表参道に行かれた際にはぜし!


で、開場時間までひたすら待ちぼうけ。

カレーうどんで満たされ眠くなる。。。

眠気防止に"暗記しりとり"を。

CD→いか→粕漬け→(途中忘れた)→うぐいすもち→血みどろのメガネ→ネズミ講→(途中忘れた)→無礼者

確かこんなだったはず。。

覚えてる私、結構すごくないですか?(18日現在)

毎回最初から言っていかなければならないしりとり。
これがおかげさまで頭が覚めました!w
皆様も頭を使うためにぜし!


で、話は戻って。

ライブ!!

keyのイントロから始まり、、重量級のベース、サウスポーのドラム、ガムくちゃくちゃのギターから成るリズム隊からスタート。

トランペット、トロンボーンとステージに上がり、、
レイ・チャールズばりのサングラスで登場したメイシオ。
予想通り最初はsaxじゃなくて歌。笑

"はぁっ!"
"ふがっ!!"

"ほっっ!!"

このシャウトだけで1ヶ月ぐらい研究の余地ありそう。


いやぁ、相変わらずメイシオバンドはファンキーでステージング最高です。落とすところとびゃぁーーーーなところのメリハリが気持ちい!
わくわくさせてくれます。

そして、キャンディ登場!!

背中のざっくり開いたミニの黒ドレス。
思っていたよりとっても綺麗なおねぇさまだった

気になる最初の音は。。。。


メイシオとのsaxハモリのファンキーなフレーズ!

うぉーーー!

びっくり。そしてヤラレタ。w

二人とも絶妙なタイム感だすね。
バシっっっと合うわけね。

キャンディーはやっぱりオサレなsaxという感じ。

対するメイシオは、連なるような息の長いフレーズこそ無いものの
その一音一音が重厚という感じ。

例えば

「・・・・ド!」

っていうだけでファンキーなビートが、グルーブが感じられる。

「ドドドドド!」

とやることも出来るはずなのに。

つまり、
「・・・・」の部分がとてもかっこいいのよね。


ド!


がしっかり的を得ているし、音圧というか音量がものすごい。

まぁ、キャンディとは男女の差もあるだろうし比べるところでは無いのかと思うけど、、。


その二人の差がとても人間臭くて面白かった。

同じアルトサックスなのにこうも音色が違うんですよ。


「メイシオが吹いてるの、あれテナー?」って聞いちゃったぐらい。


いやぁ、ラストはpick up the piecies。
これまたいい塩梅のテンポでやってくれるわけですよ!

おかげでノリノリでしたw

JB亡き今、
ミスターファンクはメイシオだと思うのです。

行って良かったぁー

Image976


新しいビールの名前?・・・違います。

新世代ジャズピアニスト・Robert Glasper。
http://www.robertglasper.com/
今一番注目を浴びているミュージシャンではないでしょうか。

大好きな彼のピアノを聴きに、cotton clubへ行ってきました。
19日の2ndです。

めんばーは、
Robert Glasper(Rhodes,p)
Casey Benjamin(sax,vocoder)
Derrick Hodge(b)
Chris Dave(ds)

ひゃー。
クリスデイブが来る!!
去年、NYで見たロバートグラスパーTRIOも大感激だったし、cotton clubで見られるのは嬉しい。

で、Casey Benjamin(sax,vocoder)が今回初めて見たのですが、凄かった。
まず髪型がすごいし。そしてプレイもかなり攻めますね。
なんていうか、いろんな意味で、攻める。笑
ほっとけば一晩中吹いていそうな人です。
ショルダーキーボード?でボコーダーを使ってたけど、あれは最近出たRolandのやつだよね。
おもしろい組み合わせだと思いました。
saxよりもボコーダーの印象が強いという。

で!
Derrick Hodge(b)が、めっちゃ良かった!!
すごーー!!!!
今回エレキベースってことでかなり印象が違ったし、彼のグルーヴは良い!!!
力が抜けまくってて素晴らしいんです。
ぶりぶり弾きまくるわけではないけどボトムをしっかり支え、重厚なフレーズがなんとも気持ちよい。
いやぁ、彼を生で見れたのはこれまた感激でした。


で、もちろんグラスパーとクリスデイブについては言う事ありません。

何やってても大好きな人たちなので。笑


着眼点をグラスパーのアドリブフレーズやリズムに置いてみたんだけど、すごく面白かった。
自由に12のキーを行き来する感じかなぁ。
アウトフレーズとはまたちょっと違う気がして、興味深かったです。これからじっくり研究したい。
リズムも面白いんだよねー、大きいノリが変わらないんだけど、グルーヴのツボが少しずつ変化してる。
ますます興味深いです。


それにしても、ピアノトリオでのサウンド、もう少し聴きたかったなぁぁ。

出す音がオヤジ達!
渋くて男らしいんです。みんなぶりぶり。でもかっこいいんだー

しゃべると、とっても素敵な少女たち・・・笑
MCではかなり笑わせて頂きました。
今回は歌も披露していたし。
ほんとに濃厚どんこつ味が染み出てるトリオです!

左から、ベースのナツコさん、ちょっと角度のアレで隠れ気味なドラムさちさん、ソリッドなギターのアイカちゃん。
いい音聴かせてもらってごきげんで帰れたよ
お疲れさまでした!
09-11-06

昨日マイケルジャクソン「THIS IS IT」を観ましたよ。
いやー、格好良過ぎます。あんな50歳はとてもヤバいです。
ダンス、歌、センス、どれを取っても今でもばりばりじゃないですか。

この映画もとても良く出来ていて
単なるドキュメントかと思ったらほんとにコンサートに来ているような迫力と内容でびっくりでございました。
マイケルのやりたかったことと伝えたかったメッセージがかなり濃厚に凝縮されてます。
DVDが出たら絶対買います。
そして後世に伝えるべき映画だと思います。
こんなミュージシャンがいたのかと、100年後もド肝抜かれてると思います。

いやぁー、良かった。
ほんとに素晴らしい名曲の数々。

でも、、コンサート、観に行きたかったなぁ。というか開催して欲しかったなぁ。

とっても良かったから近くのベンチで一緒に観に行った友達とプレミアムモルツとチーたらでかなり熱く語ってしまった。

チーたら、美味い!

お酒のつまみは絶対に砂肝がNo.1だったのですが、No.2にチーたらを入れてあげても良い気がしました。
お酒のつまみは何がオススメですか??みなさま。

1位 砂肝
2位 チーたら (本日付け)
3位 枝豆
4位 白龍館のピータン豆腐
5位 にしんの酢漬け


そして本日昼間は師匠のピアノを聴きにJZBratへ。
とってもお久しぶりでしたが、相変わらずピアノは唸るほど歌ってた。
洗練されていたり、情景が浮かんだり、
いろいろなタイプのピアニストがいると思うけど、
やはり心臓がえぐられるような感情の表現をするピアノはこの人だけだと思う。

今日は新しいCDの発売日ともあり、アルバムの中からもいっぱい演奏してくれました。
09-11-01
09-11-01-1


ソロのストーリーとか、ほんとに良かったなぁ。
特にボサノバの流れが。
私も研究してみよ。


てなわけで、明日はサヤケットセッション!
とても音楽を楽しめるお二人、ベースの秋吉くんとドラムみっちーです。

♪11月2日(月)【JAZZ,FUNK,SOUL】
【いい 1  ヒト1  に2  なろうセッション】
岸さやか主催JAMセッション@新宿歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/top.html
OPEN 19:00
START 19:30
Charge ¥1,000+1drink ¥500
岸淑香(pf.key),秋吉秀信(b),中島道博(ds)

おいでませーーー!

そして、11月もがんばってゆくよ!

テーマは、「愛」です

このページのトップヘ