きしさやかの〜鍵盤道〜

一語一音 , All around things, words, MUSIC !!

カテゴリ: 本音の本ね

590759c3.jpg











『西の魔女が死んだ』。

映画化され、話題にのぼっていたお話です。
友人が持っていたのですかさず借り、小一時間で読んでしまいました。


なんだろ、
最近推理ものばかりを読んでいたせいか(笑)、若干物足りない感はあったものの、
ほんわかじんわりと伝わってくるものがあります。


「となりのトトロ」を思い出します。


幼い頃に出会った大切な人や時間、
大人になった今でも心に生き続けるぬくもり。
感受性のむき出しだったあの頃を思い出させてくれる。

ただただ、そういう懐かしさがこみ上げる。
そんな気持ちになるのは何だか不思議です。



命が消えてしまっても、心の中で生きている。


c4e6b0c0.jpg











東野圭吾 "秘密"。

やっとこ読み終えました。
最後がかなり気になって気になって自宅でバサァーッッとラストまでいきました。
ラストが電車とかじゃなくって良かった・・・。

あり得ないぐらい号泣しました。


ネタばれになるので全容は書けないですが、
最後の直子の行動は。。

でもそれは夫婦の愛情故の結末なのかなぁ。

お互いの人生の終わりが来たとき、
真実を告げるのかなぁなんて勝手に推測しました。

一生をパートナーとこんな風に過ごせるなんて、
楽しそうですけど、かなり切なそう。

この話のどこで涙するのかは人それぞれかなぁなんて思いました。

ほんとにいい本です。

メロディを浮かばせたくなる本。

このページのトップヘ